ライフサイエンスアプリケーションに適切な設備を選択する

2017/12/03
適切なツールを利用することで、実行不可能なタスクはないかもしれません。しかし、仕事に適したツールを選択することと、そのツールが如何に利用されるかは、誰が使用するかによって決まります。
 


ライフサイエンスのような日々進化している分野では、適切な実験用機器を選択することが研究プロセスの重要なステップとなります。微生物学や分子生物学などのライフサイエンス研究によって、生物や生命についての理解も深まりました。その結果、研究者は、今利用できる設備で実行可能な新しいアプリケーションを見つけるために継続的に取り組んでいます。これらのアプリケーションは、疾患の治療および予防、新しい蛋白質産物の生成、および理想的な表現型形質のための植物および動物の遺伝子操作のような多くの新しい発見へと導きました。 

より具体的には、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)、電気泳動および細胞クローニングなどの技術は、すべて分子生物学のワークフローで実施されている方法です。これらの技術の多くは大きく進歩して、科学者にかつてない知識と能力を提供しました。一例としてヒトゲノム計画は、13年をかけて2003年に科学者と研究者がヒトゲノムの全塩基配列30億塩基対を人類の全DNA配列に配列させるためのグローバル共同作業が完了したことです。より最近のもう一つの例は、DNAの任意の場所を削除、置換、挿入することができるゲノム編集技術のCRISPR (Clustered Regularly Interspaced Short Palindromic Repeat; クリスパー)です。 

特定のプロトコルに応じて、適切な研究室設備を選択する際に考慮すべきいくつかの要件があります。タンパク質精製中に抽出または細胞破片の除去を行う場合、高いRCF(相対遠心力)のある温度制御遠心分離機が必要です。また、感染性や放射性物質が処理される場合もありますので、ユーザーは自分自身を守るために予防措置を講じる必要もあります。   

これらの多くの日常的で、または高度なプロセスを実行するために、研究者のニーズを満たすオーハウスのラボ用機器の利用が可能です。最近オーハウスでは、 FCシリーズの高速マイクロリットル遠心分離機, を含む  卓上型ラボ用機器のフルラインアップを導入しました。.  。FC5515は、冷蔵または非冷蔵のモデルで利用可能な高品質の遠心分離機です。研究者は、危険なサンプルを処理するのに適したハイスループットまたはシール可能なローターを幅広い品揃えから選択できます。(日本では未発売)

ライフサイエンス研究の新しい進歩により、日々の進化は目まぐるしく変わっていきます。オーハウスは、次の新たな発見をサポートするために研究現場の要望に応えていきます。