Stampede Meat社

2015/06/13

アメリカの最大手ステーキ業者がオーハウスを信頼する理由

 
イタリア料理としてすぐ思い浮かぶのはパスタではないでしょうか?各国にはそれぞれに特有の代表的な料理があり、例えばイギリスのフィッシュ&チップス、日本の寿司、ポーランドのピロシキなどさまざまです。アメリカのそれはステーキである、ということに異論を唱える人はいないでしょう。ステーキや牛肉以外にも、豚肉や鶏肉などはアメリカにとどまらず世界中の多くの家庭の夕食の定番として食卓を彩っています。

Stampede Meat Inc社はアメリカのシカゴ都市圏にある食肉加工会社で、カスタムメイドの牛肉、豚肉、鶏肉製品を生産するアメリカ最大手のステーキ肉業者です。同社の高度にカットされた食肉はレストラン、大手食品流通業者、船旅会社、カジノ、そして卸売店から購入する消費者に届けられています。





Stampede Meat社はまた、V4000を肉の最終価格を決定するために使用しており、肉の重量が各パッケージに正しく表示されることを確実に行っています。V4000は必要な商取引認定を受けているためです。(日本では特定計量器は未発売)。顧客が支払いに相当するものを確実に手に入れることは重要ですが、そればかりではありません。ステーキの重量は、ステーキの調理時間を左右するため、美味しいステーキのためには正しい重量の表示が不可欠なのです。



Vシリーズの正確さ以外に、Stampede Meat社は2つのディスプレイを高く評価しています。このディスプレイにより、品質検査担当者は、食肉処理担当者の作業を止めることなく作業をモニタリングできるためです。さらにV4000とV2000シリーズは非常に簡単に清掃できるという特長も備えています。排水口から水を流し出すことができるIPX8耐水flow-thru™設計を搭載しており、重要な内部部品や計量セルに悪影響を与えることなく、ハウジングに入り込んだ水を排水できます。この簡単清掃設計は、同社がスケールをピカピカの状態に維持し、安全で美味しい肉を顧客に提供するというミッションを実現するサポートをしています。

「過去に使用していたはかりは、私たちの過酷な使用環境に耐える設計ではありませんでした。」とStampede Meat社の品質保証マネージャーRoberto Giuliano氏は言います。「新しいオーハウスのVシリーズのはかりは、本物の働きもので、私がこれまでに購入した中で一番のスケールです。」

V2000シリーズ天びんについて詳細はこちら